トレーニング

目標がない人は筋トレするべき

やることがないなら筋トレしようぜ

どーもヒラタイです。今回は「目標がない」「趣味がない」といった人生に楽しみが見いだせてない方に向けた筋トレのすゝめの記事です。筋トレに興味がなくても何か目標を見つけたいという方もぜひご覧ください。

日々の楽しさは目的・目標を立てることで変わる

これは筋トレだろうとなんだろうと関係なく、日々の楽しさは目標を立てることで変わります。ただなんとなく毎日を過ごしているとそこに楽しさはなく惰性しかありません。

例えば休みの日に、なんとなくスマホをいじって…。なんとなくYouTubeみて…。なんとなくゴロゴロして…。

けっこうこうして過ごしてしまう人多いのではないでしょうか?

休みに限らず仕事でもなんとなく業務をこなして一日終わってしまったなんてこともありますよね。

というよりも筆者もこうやって過ごしてしまうことあります!そして、そうなってしまった日の夜には無駄な一日を過ごしてしまったと猛烈に後悔します(笑)。

わかるわかる!でもついついダラダラ過ごしちゃうんだよね

なんて声が聞こえてきそうですが、これを脱却する解決策があります。

ずばり目的と目標を立てることです。

目的と目標。どちらも似たような意味合いで使われがちですが、実はけっこう違います。混同しやすいのでまとめておきますね。

  • 目的:目指すべきゴール
  • 目標:ゴールを達成するための具体的な到達点

この目的と目標を作ることで少なくとも生活に刺激が出てきます。

筋トレは目的と目標が立てやすい

いざ目的と目標を立てろと言われても具体的なイメージが湧きにくいですよね?実は筋トレはその目的と目標の設定がとても具体化しやすいんです。

筋トレをする主な目的

  • スタイルが良くなりたい
  • 痩せたい
  • マッチョになりたい
  • 健康のため
  • スポーツのパフォーマンスをあげたい

この目的に対して目標が定めていきます。

ここでは、このブログの趣旨でもある良い身体になりたいという筆者の事例を基に考えていきましょう。

目的:良い身体になりたい

第1の目標:ジムに週3日~4日通う

まずは第1の目標です。第1ステップはまずは筋トレをする習慣を身に着けることです。私の場合はもともと筋トレに対する意欲が高かったので始めた時点で目標達成みたいなところがありましたが、運動習慣がない方やあくまで健康増進が目的の方は、まずは週2回運動するといった目標を立てるとよいかもしれません。

第2の目標:扱える筋トレ種目を増やす

トレーニングの種目を知ることも大切な目標です。欲張る必要はないですが、ベーシックな種目をコツコツ覚えていくことで楽しさも広がります。こちらは現在も進行中で、新たな種目は色々と覚えていくようにしています。

第3の目標:扱える重量を重くしていく

筋トレの習慣、トレーニング種目を覚えたら、あとは筋トレの重量をあげていくのみです。私の場合は、「良い身体になりたい」が目的なので、あくまで目標ですが、この重量を挙げることを目的にしている人もトレーニーの方には多いと思います。ベンチプレスの重量を増やしていくのももちろん一つの目標ですよね。

最終目標:フィットネスの大会に出る

大会に出るレベルになるにはいい身体であることは必須なので目的も達成となります。

ちなみに目的は達成したら次にまた目的を作る必要があります。現在は良い身体を目指していますが、もし大会に出るようになったら次は大会で入賞するといったことを目的にするかもしれません。(当然現時点ではわかりませんが)

目的と目標をもって楽しい人生を

こうやって一つ一つ目標をクリアして目的に向かって進んでいくのってけっこう楽しいです。むしろ目的を作って目標を立てないとこの面白さは体験できないかもしれません。

例えばベンチプレスの重量一つでも感じることができます。最初は60kgしか挙がらなかったのに5カ月で87.5kgを挙げることができるようになりました。これは年末に向けて目標を設定したことで毎月毎月重さをクリアしていったことで達成できたと思います。

イメージでいえばドラクエに近いですね。

最初は、レベル1からスライムを倒すのがいっぱいいっぱいだったのが、何回も何回も戦ってレベル上げてという感覚です。(ちなみに私は、ラスボスを倒すと目的を果たしてしまうのでなんか急に冷めてしまいラスボス手前で辞めがちでした。)

その点、筋トレの場合はあまり終わりがありませんので安心ですが(笑)

基本筋トレ中心の話題になってしまいましたが、これはどんなことでも当てはまると思います。仕事で上を目指したい、お金持ちになりたい、モテたい、子どもと楽しく過ごしたい、なんでも目的を作れば割とそれに向かって進んでいくものです。

逆に「オレにはできない」とか「オレには無理」と思っているうちは絶対にできないですし、思っているうちは、そのレベルまで達していないことがほとんどです。

一方で俺ならできると無謀に挑戦して失敗することも多いと思います。でもその場合は、どうすれば失敗しないのかを考えて新たな目標にもなりますし、場合によってはこれは自分にとってとても苦手なことだったと気づくきっかけになるかもしれません。

個人的には、オレにはできないと実施しないよりも、とりあえず挑戦してトライ&エラーを繰り返してみることも大切だと思います。そうすることで意外と人生が楽しくなると思いますよ。

まとめ

今回は、趣味ややることがないといった方に向けた筋トレのすゝめということで紹介しました。

  • 目的と目標を設定すると楽しいよ
  • 筋トレは目的と目標設定しやすいよ
  • やらない理由を探すよりやってみるといいよ

趣味がないとかやることがないという方は、まずは筋トレを始めてみて目標と目的を達成する楽しさを感じてみてはいかがでしょうか?

今回の記事が参考になればうれしいです。ではまた!

筋トレ歴2年トレーニー
hiratai
アラサーにして筋トレに目覚めた筋トレ初心者。ネット社会の様々な筋トレ情報を実践して肉体改造に挑戦中。ファッション情報も随時更新。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA